人生100年時代。誰もが長寿となって生きていく社会となりました。
「少子高齢化」に歯止めはきかず、わたしたちは歳を重ね、日々の暮らしのなかで孤独感や小さな無力感をいだきながら、生きるための希望を探しています。
だからこそ、わたしたちBABA lab(ババラボ)は、“世代を超えて”真剣に考えていきたいと思っています。ただ単に寿命を伸ばして「生きる」というのではなく、 自分の力で、社会のなかで「活きる」ということを。
単に労働という意味での「働く」ではなく、 社会で役立つ「傍(はた)を楽(らく)にできる存在」であるように。
歳を重ねたからこそ、“できないこと”もふえるけれど、“できること”がある。
BABA labは、歳を重ねるごとに自分らしくはたらき、いきいきと暮らし続けるためのヒントを見つけ、発信し、さまざまなプロジェクトを通してカタチにしていきます。
たとえば、わたしが100歳になっても、ちゃんとわたしらしく、社会に必要とされていると実感できる、そんな世のなかが良いなと思うのです。

 
423152.jpg
 

BABA labのシンボルマーク

BABA labが目指す社会で、活躍する「人」をモチーフにしました。
自分らしく、自発的な気持ちを持つ「人」、 新たな環境をつくる、思いがある「人」が中心に集まり、そこで新たな価値のあるものを生み出し、さまざまな方法で発信していく。
そんなイメージを込めた、BABA labのシンボルマークです。

 
 

事業概要

「100歳になっても、わたしらしくはたらき、いきいきと暮らしつづけられる社会」を目指し、以下の事業をおこなっています。

1.マーケティング事業
(調査研究、情報受発信、コミュニケーションサポートなど)

2.コラボレーション事業
(課題解決型商品・サービスの開発・試作・販売、協働提案など)

3.コミュニティ事業
(場づくりの実践と支援、コンサルティング、人材育成、講座・イベント運営など)


 

組織:BABA lab(ババラボ) (運営:シゴトラボ合同会社/ Shigoto Lab LLC)

設立:2011年12月19日

資本金:500万円

所在地:本社 (Head Office)〒336-0031 さいたま市南区鹿手袋7-3-19
7-3-19, Shikatebukuro, Saitama Minami-ku, Saitama  336-0031, Japan

代表者 桑原 静/ Shizuka Kuwahara